BCPが驚くほどカンタンに。
災害対応・危機対応の常識を変えるKlotho"クロト"。

世界で初めてCOP手法を採用したBCPクラウド。
モバイルとクラウドを活用した画期的な
”BCP as a Service"(特許出願中)

ひと目でわかる状況

重要業務の稼働状況をひと目で確認(特許出願中)

スマートフォンで
アクション&レポート

簡潔な指示・報告のための機能(特許出願中)

災害や危機の状況と対応アクションをリアルタイムに共有

大きい地震のような危機が発生したときに情報を把握することは難しいものです。Klotho(クロト)は、普段使い慣れているFacebookやTwitterのように、スマートフォンからの簡単な操作で、どのような状況になっているのか、何から対応すれば良いのかを、わかりやすく示します。リアルタイムのダッシュボードにより、本社でも情報に基づいた判断ができます。

※特許出願中

AppExchangeでKlothoをチェック

ひと目でわかる状況

Klothoは、集まってくる断片的な災害情報を一枚の絵=COP(Common Operational Picture)としてまとめます。現場でも本社でも、クラウド上のダッシュボードで災害時にもっとも知りたい全体の状況と業務への影響を知ることができます。

対応の自動指示

Klothoは、災害の状況に応じて、あらかじめ決められた災害対応・事業復旧のアクションを指示します。現場でスマートフォンに表示された対応指示画面をタップするだけで、リアルタイムで全社に進捗状況が共有されます。

災害時も安定稼働

Klothoは、セールスフォース・ドットコム社が提供する世界でもっとも堅牢かつ安全なクラウド Force.com で稼働します。たとえ大地震などの危機的な状況においても、Klothoは安定して24時間、稼働を続けます。

主な機能

復旧予測画面

災害時にもっとも知りたいことのひとつは「いつ復旧するのか?」ということです。Klothoはあらかじめ作成されている事業復旧アクションの終了予定時刻を表示し、業務および会社全体への影響と継続性を示します。

ダッシュボード機能

災害対応を行なう現場では、さまざまな活動状況を横断的にモニタリングする必要があります。この画面では、災害対策本部や復旧現場のアクションのCOP(Common Operational Picture)を表示し、状況把握を支援します。

スマートフォン機能

災害現場・復旧現場においては報告、指示命令などの活動は簡潔さとスピードが求められます。この画面は、スマートフォンの操作でほとんどの報告や指示への応答が終わるので、現場では復旧活動に集中できます。

Klothoカタログはこちら

BCPクラウドサービス「Klotho(クロト)」概要編 from cloudit on Vimeo.

BCPクラウドサービス「Klotho(クロト)」モバイル操作編 from cloudit on Vimeo.

Klothoを活用した事業継続コンサルティングサービスについて

BCPのプランを、いざというときに確実・迅速に事業を復旧できるように実行するのは簡単なことではありません。そのためには、通常時においてBCPの訓練、検証などの活動を行い、より確かに実行できるプランに育てていく必要があります。弊社では、このBCPを育てる活動、いわゆるBCM活動(Business Continuity Management)を支援するKlotho BCMサービス体系を定めております。Klothoは、非常時におけるBCPの運用ツールでもありますが、通常時においては訓練・検証に用いることにより、BCMの運用ツールともなります。

Klotho BCMサービス体系とKlothoの概念図

PDCAサイクル

Klotho Planコンサルティングサービス(オプション)

Klothoで運用するBCPの策定をご支援すサービスです。事業に必要なリソースごとに稼働レベルを定義することにより、マネジメントが必要とする「いつから稼働するのか?」という問いにダイレクトに答えられるBCPを策定します。

Klotho Do導入支援サービス(必須

貴社のBCPをKlothoのマスターデータとして実装するサービスです。Klothoをご利用になる場合は必ずご購入いただくサービスです。


Klotho Do訓練サービス(オプション)

Klothoを使用したBCP訓練をご支援します。BCPをステップ・バイ・ステップで確認してゆくため、確実に習熟度が向上します。

Klotho Check検証サービス(オプション)

Klothoでの訓練結果を検証します。BCPのパフォーマンスを保証するために、どの部分がボトルネックになるのか、どの部分に改善が必要なのかを検証して明らかにします。

Klotho Action改善サービス(オプション)

訓練で明らかになったBCPの課題を改善するサービスです。お客様の必要に応じて、年間活動の結果をレポートするサービスもご提供いたします。

「想定外の起こらないBCP」を推進するエキスパート、レックスマネジメントが運営

株式会社レックスマネジメントは、お客様に「想定外の起こらないBCP」をご提供します。さらに危機対応中の事案を「状況一枚絵」としてまとめ、社長がひと目見て全体の状況を把握できる絵の作り方をご提示します。その他にも、素早く動く危機管理体制、効果的でスキルが蓄積する各種訓練、BCPや危機管理の手法を育てるコンサルティングサービスなどを提供しています。

2007年
株式会社レックスマネジメント設立
2008年
新型インフルエンザ対策BCP提唱
2011年
想定外の起こらないBCP提唱
2012年
ISO27000審査員補資格取得
2013年
ISO22301審査員補試験合格
2014年
世界初の危機管理クラウド「Klotho」リリース
危機管理状況を一枚絵でまとめるCOP(Common Operational Picture)理論を提唱
京都大学防災研究所・牧教授とCOPセミナー(災害対応を早める「状況認識の統一」手法解説セミナー)実施

東日本大震災が起こったとき、人の命を奪ったさまざまな出来事が「想定外」を理由に片付けられました。確かに災害はいつ・どんなレベルで起こるかわかりませんが、だから人の命が失われても許されると言わんばかりのロジックの横行に強烈な違和感を感じました。そして私たちは決意しました。想定外の事象にも対応できる危機対応プランを作ること、そして、要員が足りない危機管理の現場を自動で進行できるようにすること。その答が想定外の起こらないBCPであり、状況一枚絵の運営クラウドKlotho(クロト)です。あなたの組織の未来を守る活動に私たちも参加させてください。

代表取締役・秋月雅史

Klothoパートナー

株式会社クラウディット